硝子の靴を履いたばっかりに(それを壊したばっかりに?)城に連れてこられた庶民なヒロイン。
手強い爺さん、群れるメイド。超非常識王子、エトセトラ。出るわ、出るわ、変な人。
こんな場所で大人しくしている彼女・・・なら話はそこで終わり、王子も汚れにならずに済んだ?
お互い、あり得ないほどに非常識な庶民と王子の、ラブになるかもしれないコメディ。
頂きました・・・!
頂いちゃいました!!!!
書いて下さったのは、火夜飛電さん!
そして本編のワンシーン!
(ちょっぴりネタバレありますので、ご注意下さいませ)










まずはキラキラした、こちら!!!
キラキラ。こんなにキラキラで良いんでしょうか。(感泣)
見て下さいよ! こんなにキラキラ! 見た!? 見ました!?(大興奮)
庶民社交界デビュー(本人自覚無し)ですねぇ・・・。あー。大暴れしたくせに、こんなに綺麗だったんだぁー。(笑)もう素敵過ぎます。(うっとり)
クリスマスも近付いた、今時分。
こんな素敵なものが頂けるなんて思ってもいなかった。
いいなぁー。クリスマス。(思考暴走中)







気を取り直しまして。
次はこちら! はい、どん!!!
あの夜の真実。・・・ふふふ。(怪しい笑い)
あれですよ。レイラの部屋を訪れたリスが見たものは。的なね。・・・ふふふ。(←怪しい笑いが止まらない管理人)
「リスだと思って開けてしまったレイラに怒っていた理由の中には、多分こんな無防備な格好をしているのではないかと……(爆笑)」
との、ナイスなコメントまで頂きましたですよ!
そうなると無防備さにも怒った訳なリスを想像して、書いたあたしは照れ臭いながらも「なるほど!!!」と妙に納得したのは、あまり大きな声では言えない真実です。(笑)
ちなみに、にも関わらずレイラはリスの言及に対して「殴るか蹴るか首を絞める」と、ハッキリ言いきったわけでして。
その言葉にリスは黙ってしまったわけですが、レイラの想像とは異なり、多分色々複雑だったんだろうなぁ。(爆笑)







しかーーも!!!
これだけでは終わらない!
(感謝感激涙略して)感泣が止まらない贈り物は、こちら!!
ある日のシュリア。レイラと文通中。
おねーさんまで!
おねーさんまで書いて下さったんですよ!!! うぉううぉう。(号泣の泣き声)
・・・綺麗だなぁー。文で「綺麗」って書くのは簡単だけど、イラストで見て「ほぅ・・・」のため息が止まりません。
しかしながら、この美しいねーさんの持っている手紙には、多分庶民の正直な心の内が書かれているのではないかと。
例えば「みんな良くしてくれます。(爺さん以外)毎日が楽しいです。(爺さんと会わなければ)」的な・・・ね。うん。(笑)



火夜飛電さん。本当に本当に、素敵な物、どうも有り難うございました。
まだ続編続行中ですが(そしてちょっと停滞中ですが)このイラスト見ながら頑張りますっ。
本当に見ながら頑張ります。(感動)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。