硝子の靴を履いたばっかりに(それを壊したばっかりに?)城に連れてこられた庶民なヒロイン。
手強い爺さん、群れるメイド。超非常識王子、エトセトラ。出るわ、出るわ、変な人。
こんな場所で大人しくしている彼女・・・なら話はそこで終わり、王子も汚れにならずに済んだ?
お互い、あり得ないほどに非常識な庶民と王子の、ラブになるかもしれないコメディ。
クリスマスに頂きましたよ。やりましたよっ。
本編中のワンシーンですっ。うわーい! ばんざーい!!
アミさんはサンタさんだったんだなぁー。うっとり。


それいけ。ガン飛ばせー♪

掲示板の書き込みから抜粋。

キンキンの台詞、右側に「貴方が居ると」ってのが入ります。
あと、左側のおっかないレイラちゃんの横には「庶民なめんな」って文字がはいっています。
byアミさん。


「個人的にはかなりの名シーンだと思っています」とのコメントまで頂きまして。うう・・・有り難うございますっ。
確かに庶民が庶民パワーを(勝手に切れただけともいう)炸裂させた瞬間。
それにしても庶民、メッチャ可愛いんですけど・・・。(歓喜)
アミさん、どうも有り難うございましたーっ。
メリークリスマスーーっ!!
クリスマスって素敵ぃーっ。(感激)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。